はげ隠しに帽子を取り入れ始めた夫

夫はおしゃれが大好きです。洋服もよく買っていますし、靴にもこだわりがあって「この店じゃないとだめ」というくらいです。しかしそんな夫も30歳を過ぎたころからだんだん髪の毛があやしくなってきました。夫の父親もはげているので絶対にはげるとは思っていたのですが、まさかこんなに早くはげ始めるとは思いませんでした。

どんなにおしゃれをしても髪が薄ければ全くきまりません。夫はかなり焦っていて育毛剤やサプリなどを調べています。夫のはげ仲間にあるサプリで劇的に髪が生えたという人がいるらしいのですが、サプリを止めた途端に一気にまたはげたそうで、サプリに手を出すなら一生飲み続けなければならないという葛藤があり、なかなか手が出せないようです。

最近では髪を隠すために帽子集めに力を入れており、ここ数か月で帽子の数が一気に増えました。私個人としては帽子ははげを加速させると思うので、あまり良くない気がするのですが、帽子をかぶらないとおしゃれをしてもきまらないそうで、休日はいつも帽子をかぶっています。

日本酒がうまい

日本酒好きの人間にとっては、日本酒はハードな仕事のストレスを解消してくれる。

眠れぬ夜に快眠をもたらしてくれる。人との楽しい語らいのひとときをさらに楽しくしてくれる。そして、その味わいは時に涙が出るような感動と幸福感をもたらしてくれる。

外国に滞在し、何日ぶりかで居酒屋に行き赤身や白身の刺身にあん肝、湯豆腐にカレイの唐揚げなどとともに純米のほどよい燗酒をおちょこに注いで、口からお出迎えと来ると、日本人でよかったと思う。

けれどその日本酒が今、若い人から敬遠されてきていると聞く。飲めない人間に無理矢理すすめたくはないが、飲む人間は飲めない人に出会うとなぜかとても淋しい気分に襲われる。

確かに一昔前飲まされた酒は、大量の醸造アルコールと糖類が当たり前のように添加されて大量生産されていた。

「酒とはまずいもの」と思いつつ、飲んでは口元をべたべたさせ、二日酔いになり、それでも安いだけが取り柄のそんな酒をお酒だと思っていた時期がある。けれど今は事情が違う。

今ほど日本酒文化が花開いた時代はないし、個性ある日本酒がちょっと手を伸ばせば手に入る。

確かに日本酒は、ほとんどが宣伝力を持たない小さな酒蔵で造られており、すばらしい美酒でもめったに有名になることもなく、近くのコンビニで買えるというわけにもいかない。

しかし、日本酒のよさを知ったら、飲まずにはおれないはずだ。

どこの国の料理にも日本酒が日本酒に合わない料理はない。

独特な香織を持つチーズやあくの強い春の山菜、苦みの強いサザエなどで燗をやっているとき特にそう思う。

丁寧に造った純米酒の原酒、生酒、新酒、濁り酒、古酒、そして燗酒も仲間に入れることを条件にすれば、全世界の料理は日本酒の配下、と思っていい。

その根拠は、日本酒一滴に含まれる香りと味の成分700種にある。

ウイスキーやブランデーで400種、同じ醸造酒のワインだって600種程度というから、日本酒の奥ゆきの深さと豊かさはダントツなのだ。

個性的な味のシェリーやラム酒、老酒(ラオチュー)や貴腐ワインとの共通項を多く持つってことはつまり、それらの国の料理にも十分対応できるということではないか。日本酒が日本料理とのペアで外国の料理店で飲まれる話はそれなりに素敵な話。だが、たったひとりでも世界に通用する国際酒こそSAKE。

もはや「ライスワイン」ではなく「SAKE」は世界共通語だ。

日本は水を美味しい国。

お酒も美味いが日本は水も美味い。毎日の飲み水にこだわるなら水宅配サービスを利用されることをおすすめします。

管理人自身も実際に使用して、富士のバナジウム天然水を毎日飲んでますよ。

毎日摂取する水分が、身体を作る・・・水にこだわらないわけにはいかないですからね。

さりげなくセンスの光る大人のカジュアルがポイント高し

去年から中学時代の同窓会に出席するようになり、イモっぽかった男子がすっかり大人の男性に変貌しているところに驚いています。

私が好感を持つ同窓会 服装は大人の余裕の感じられるキメすぎないカジュアルです。

30代後半になっても若い人と同じような服の人や逆におじさんみたいな服の人は顔がよくても残念だと思ってしまいます。

あと、同窓会なのに気合を入れておしゃれしてきました!みたいな人もちょっと嫌です。

この前の同窓会ではいい感じに色の落ちた程よいフィット感のジーンズにボルドー色の上質なニットを合わせている人がいて素敵だと思いました。

彼は中学時代はサッカー部でジャージ姿しか見たことがなかったのに、いつのまにこんなかっこいい男性に成長したんだと思ってしまいました。

今でも会社のサークルでサッカーを続けているそうで日に焼けているところも健康的でした。

私は靴マニアと言えるような靴フェチなのですが、彼はトリッカーズのウィングチップを上手に履きこなしていました。

丁寧に手入れをしていることの分る理想的な色落ちでした。

そんな素敵な靴を気負いなくカジュアルに履いているところが大人だなと感じました。

足元まで気を抜かない、でも気合を入れすぎない大人らしい着こなしは誰からも好かれると思います。

友達みんなと遠方へお買い物に行きました

子供を通じて仲良くなった友達が数名います。大人になってからそういうお友達が新しくできるなんて思ってもみなかったのですごく嬉しくて楽しい毎日です。

子供を含めてだったり、大人だけだったり、みんなでよく出かけるのですが、今回はちょっと遠方にある大型ショピングモールに大人だけで出かけました。何を買うという目的もないのですが、新しくできたショッピングモールなので、どんななのかとても気になっていたのです!服の趣味などはみんなそれぞれバラバラで、それもまた楽しくて、それぞれの服を選びに行きました。1人の買い物では絶対気づけないようなことを友達が気づいてくれるので、私自身も有意義な買い物ができました。自分たちの買い物の後は子供たちのものです。今度は子供も含めてちょっと遠い遊園地に遊びに行くことになっていたので、子供達にお揃いの帽子を買って帰りました。

その後はお茶をしてる、子供達にお土産を買って帰ったのですが、そのままの流れでお友達の家にみんなで集まることになりましたので夜ご飯を買って友達の家でちょっとしたパーティーをして夜まで楽しく過ごしました。

子供たち抜きでも楽しく付き合える友達なので、子供達が大きくなってもずっと仲良くしたいなって思います。大人になってから子供を通じて出来る友達は難しいこともあるといいますが、誰かが困っている時はすぐに助け合える仲で、そういうお友達ができたことが本当に幸せだなって思います。

最近お魚が高いなぁとつくづく実感します。

うちはお肉好きなのが私一人で、あとの家族は皆、お肉よりお魚が良いと言います。

それは父が魚好きからの流れで、だんだんそれにあわせてみんなお魚を食べるように

なってきてのことです。それは良いのですが、最近、お魚が高くて困ります。

お魚の干物が2枚で398円とかざらで昔はもう100円くらい安かった気がします。

その時は手が出ても税込み400円するお魚類をほいほい買えるほどうちは経済的に余裕はなく、でも毎日のようにお魚が食べたいと言われてるのでちょっと困ります。

家族分のお魚を一人一枚ずつとするとお魚だけで1000円近く、それに野菜を取るように

炒め物か香の物、お漬物も足さなきゃならない。一回の食事、1000円以上は高い気がして

お肉食べてよと言うんですが、一応は納得してくれてもぐちぐちと食事時に零されるのがいらっときます。

昔、お魚はお肉より安いイメージがありましたが、今は逆転しているように思います。

どうにも正規の値段のお魚を買い続けるのには財布が乏しかったので

最近は色々工夫するようになりました。まず、あまり名前がメジャーじゃない魚も多く買える場所を探して買うようにしました。大きさも不揃いの小さいものから大きなもの

少し違うと値段も大分違うんですね。

お魚が取れなくなっている、世界的な動きだとか、環境変化だとか色々な事情があるんでしょうがダイレクトに食卓で実感出来る所まできて、お魚も無駄に出来ないなって実感します。

これからは今まで市場に出なかった価値のない魚とかにももっと目がいって出されるようになればそれにあわせたレシピが増えて多様化するのかななんてことも思いながら、日々、魚料理と格闘しています。お魚は健康にも良いので、値段が高くなって取り扱いも縮小されないよう数も増やして売り場がもっと広くなってくれないかなと今の市場とは間逆なのかもしれないことを思ったりします。日本人はもともと魚文化の国なんでお魚が手の届かない高嶺になったらどうしよう…なんて悲観的なことも思っちゃいます。

ダイエットはなかなかと難しいです。

家の中で一日中家事をして、外に一歩も出ない日も珍しくありません。
そういった日々が続くと、食べる量は変わっていないのに体重が少しずつ増えてしまいます。
若い頃は少し食べる量を減らせば自然と体重は減っていきました。
しかし年齢を重ねていくにつれて、だんだんと食事を減らすくらいでは体重は減らなくなってきました。
運動も特にしていないので、痩せるわけがありません。
しかも私は運動をすることがとても苦手です。家の中でできる運動というのも限られてしまいます。
そこで食事制限のダイエットをしようと考えるのですが、食べ物を制限するのはなかなかに難しいです。
炭水化物を減らそうと考えて朝はパンを食べる事をやめて、ヨーグルトとバナナを食べる事にしました。
そして夜はお茶碗に少しのご飯で我慢することを始めました。
最初のうちはあまり気にならずに続けられたのですが、何日もその食事が続くと嫌になってしまいます。
そこで日曜日は外食で好きな物を食べるようにしました。
平日は頑張って食事を制限して、休日は好きな物を食べるのです。
気持ちはとても楽になりましたが、やはり体重は減りません。
しかも日曜日に食べ貯めをしてしまうので、体重は減るどころか増えてしまいました。大失敗ですね。

部屋干しの臭いを消すコツ

9月というのは雨降りが多いという印象があるのですが、かといって今年は流石に降り過ぎな感がありますね。
今週の日照時間は金曜日時点でまだたったの5分!なんだそうです。早いところお天道さまが見たいです。
それにこう毎日雨が続くと私たち主婦にとっては何かと大変ではないでしょうか?特に何と言っても洗濯物。
洗わない訳にもいかないのでやむを得なく部屋干しですが、もう部屋中がジメジメで参ってしまいます。

それにやっぱり部屋干し特有の匂いが強烈ですね。
挙げ句の果てには息子から「お母さんこのタオル臭い、ちゃんと洗ったの?」なんていう理不尽なクレームまで頂いてしまいますし、踏んだり蹴ったりです。
キミキミ、部屋干しというのは雑菌が繁殖してどうしても臭ってしまうんだよ、と言いたかったのですが思春期を相手にマトモに対応していたらこちらが参ってしまうので止めました。
でも私もこの臭いは以前から何とかしたいと思っていたので今日ちょっとインターネットで調べたら、特に臭いそうな物を洗ったのち熱湯をかけてから干すと一切臭わないという事が書いてあったので、試してみたら確かに臭いませんでした。
これは嬉しい。
特に下着なんかが臭ったりしますと不快ですからね。
良いことを見つけました。しかし、、、洗濯物は脱ぎっぱなしにするなよ息子。

苦労したけどなんとかなる単語とジェスチャーでの英会話

私は昔から英語が得意ではありませんでした。

成績も良いわけではなく、いつもテスト前に詰め込んでいました。

そんな私が海外旅行に行ってきたのですが、やはり思った通りで英語がほとんどダメでした。

ホテルは日本語が話せる方がいたのでさほど困ることはありませんでした。

しかし、買い物をしに行った時と、ご飯を食べにお店に入った時にとても苦戦することとなりました。

現地の英語は学校で習ってるようなものとは全く違っていました。それに、日本でいう方言やなまりがあるともうお手上げです。

なので、文章の中から分かる単語を聞き取り、あとは何を言っているのかそこから想像していました。

なんだかクイズを解いているみたいで思わす笑っちゃいました。

私はもちろん文章で話すことができないので、単語とジェスチャーで汗をかきながらなんとか相手に伝えました。

すると案外通じるものです。

この時、もっとトラベル英語の勉強をしとけばよかったなぁと後悔しました。

次に海外に行くまでに、少しでも勉強してもう少しスムーズに会話できるようになりたいなぁと思いました。

ミニマリストは意外に難しいです

ミニマリストに憧れて、ものを減らすように心掛けています。雑誌などで紹介されている部屋がとてもスッキリしていて我が家もそんな風になるよう実践中です。ゴミの日の前日は物を捨てるのにもってこいで、大きなゴミ袋を片手に家じゅうの押し入れや引き出しを開けて使わなくなったもの、必要のないものを探し出し処分しています。衣替えの時期もチャンスで、服を入れ替えるとともにあまり着なくなった服は思い切ってゴミ袋に入れます。

しかし、毎週のように確実に家から大量のものを捨てているというのに、一向に部屋がスッキリしないのが謎です。買い物も極力行かないようにして新しいものを増やさないように、買い置きもしないようにしているというのに、捨てても捨てても部屋の変化は一向に感じません。これまでいかに無駄なものがあふれかえっていたという事なのでしょうか?

今以上に思い切った処分の仕方が必要なのかもしれません。まだまだ物に執着している気持ちを何とか切り替えて、スッキリとした素敵な部屋を作りたいと思います。そうすることで新たな自分を発見し、無駄のない、スムーズな生活ができるような気がします。素敵な女性になれるように部屋を見回しながら悪戦苦闘しています。

衣服や寝具の入れ替えで家族の健康管理をガンバル!

季節の変わり目は、大人も子供も体調を崩しやすい時期ですよね。
うっかりすると、簡単に風邪を引いてしまうことになります。
病院へ行くのも大変ですが、季節の変わり目に体調を崩すとズルズルと治りが悪いことが多くて困ります。
暑いと思って薄着でいたり、少し涼しくなったと思って厚着をしたりと、昼の間は洋服である程度の調整ができますけど、寝具となると一家の主婦がきちんと家族分を把握して、季節に合ったものに交換しないとダメですよね。
先取りとまでは行かなくても、あまりずれなように注意するのも結構大変ですよね。次の休日に・・・なんて、考えてる間に家族が体調を崩してしまうなんてことも有り得ますもんね。
洋服の衣替えも、暑くなったら扇風機、寒くなったら炬燵やファンヒーターと、他にも季節の応じて出し入れしないといけない物は沢山あるのに、家族はどれも勝手に押入れから出て来るもんだと考えてるんじゃないかと思ってしまう時もあります。
たまには、知らんぷりをしてやろうかと思うんですけど、「気持ち良い~」なんて、言われるとついつい整えてしまうのが主婦のサガなんでしょうね。
どちらにしても上手く気候と噛み合ってないと、家族の健康管理は、主婦にとっての一番大事な仕事かもしれないと思って自分を慰めてます。
大変だけど、頑張らないと。